スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神秘を笑う者は愚人である。 ナポレオン

小さい頃の記憶って何も無い。


冷静に考えたら昨日受けた授業の詳細も思い出せないんだからまあ当たり前。




そんな中夢とも現実とも覚束無い奇妙な景色が記憶にある。

何も無い真っ白な空間に地平線が広がっている。故に自分は地に立っていると自覚はある。
その空間で向こうから透明なのか白なのか分からない立方体が幾つも連なってやって来る。
一応の地面に沿ってかなりの速度で決してルートをそれず目の前を通り過ぎて行く。
上から見たら一本の線のように見えたであろう、そんな連なりが他にも幾つもある。


こんな景色が幼心に残っている。幼少期からの不思議な記憶。
昔からそれこそ高速道路を見るとこの記憶が呼び起こされる。




テレビで見たのか夢なのかいずれにせよ恐らくは一人歩きも出来ない頃の唯一の記憶。




古い古いそれでいて懐かしくも儚く脆い記憶。




古い古い記憶。
スポンサーサイト

テーマ : 高校生日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ユピテル

Author:ユピテル
ユピテルと申す。高2でござる。リンクフリーにも程がある。管理人のメールアドレスはliptontokitoki.jupiterあっとezweb.ne.jpです。ご用のある方はあっとを@に変えてお願い。skypeは名前はユピテル、IDはdieupater1です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。